マツコ会議激変の航空業界!増える「男性CA」の実態調査

今、航空業界に変化が…なんとジェットスターでは6人に1人が「男性CA」!元保育士…元不動産…転職組の男性CAも増加中…美意識高めの強烈キャラも登場!

ジェットスター・ジャパン株式会社(Jetstar Japan Co., Ltd)は、日本の格安航空会社(LCC)です。

 

キャビンアテンダントといえば、華やかな女性のお仕事の1つでしょう。ところが、女性だけのお仕事ではなく、男性もなれるのです!

「男性だけどキャビンアテンダントになれるか?」と悩んでいるあなたに、男性キャビンアテンダントの採用状況についてご紹介しましょう。

 

「女性の職場」航空会社のCAにも変化? ANAが新卒男性を初採用

就職や入学で新たなスタートを切った人も多いでしょう。連休ももうすぐ。飛行機で旅行する人も多いと思います。さて、国内最大手の航空会社全日空(ANA)に4月、客室乗務員(CA)職として初めて日本人男性が4人入社しました。折しも男性CAを目指す高校生を描いた漫画「空男」が話題になる中、日本も男性CAの時代に入ったのか、取材しました。

男性でも客室乗務員になれる

客室乗務員といえば女性のイメージが強く、男性の採用はしていないのではと考えている人もいるかもしれません。

しかし、応募資格に「女性のみ」と書かれている企業はなく、男性でも応募することは可能です。

実際に、日本の航空会社でも男性の客室乗務員は働いています。

特に、大手と特色の違いを打ち出す中堅やLCCが積極的に採用する傾向にあり、スカイマークやスターフライヤー、AIR DOなどでは男性の客室乗務員が徐々に増えつつあります。

もちろんJALやANAでも男性の客室乗務員が活躍しはじめていますが、まだその数は多いとは言えません。

 

「空男」になりたい人、いかがですか?

 ANAもJALも「男性も女性もなりたい方はチャレンジ大歓迎」と話しています。既卒者の募集をしている会社もあります。今回、新卒の4人の男性CAに取材を申し込みましたが、ANA広報部からは「男性、女性と特別扱いしたくない」との理由で実現しませんでした。しかし、それはそれで、「男性CAを特別扱いしない」という意味でいいのかもしれません。「空男」になりたいと思っている方、目指してみてはいかがですか。

「マツコ会議」…毎週ちょっと気になる話題の場所と会議室とを中継でつなぎ、総合演出のマツコが現場と会話をしながら進行!途中、分からないことがあったら、スタッフと一緒になってマツコも検索し深掘りしていく!最終的にマツコがもっと掘り下げたくなった人やモノをVTRにするプロセスを楽しむ、新しいバラエティー!(※VTRは番組HPで放送直後から公開)皆様も「マツコ会議」に一緒に参加しながらご覧下さい!

 

マツコ会議

レギュラー放送:土曜 23時00分~23時30分

>

CTR IMG